ページ内の移動用のリンクです

社員とのコミュニケーション

「経営情報の理解・浸透」および「目標を実現するため、組織・社員が一体となって挑戦する風土の醸成」を目指し、社内コミュニケーションの活性化に取り組んでいます。
国内グループ向けと海外グループ向けにそれぞれ社内報『PATIO』を年4回発行するとともに、イントラネットでは各部所から寄稿されるトピックス、映像を通じた経営メッセージや新薬の誕生にかける社員の想いなどを紹介しています。
一般社団法人経団連事業サービス主催の「2018年度経団連推薦社内報」では、当社社内報『PATIO』が「総合賞」を獲得、6年連続の受賞となりました。

2025年ビジョンの実現と第4期中期経営計画の達成に向け、発表後の2016年度以降、CEO・COOをはじめ取締役が国内33ヶ所の事業場に加えて、海外のグループ会社を訪問する経営キャラバンを実施しました。2019年度初頭にはDS-8201のアストラゼネカ社との提携を踏まえ、欧米において大規模なキャラバンを実施、現地社員との双方向コミュニケーションを行いました。
また、社内のイントラサイトに中計情報を一元化したサイトを開設し、継続的な経営との社内コミュニケーションを実施しています。

表彰式の様子

アメリカでのキャラバンの様子

第一三共ブラジルでのキャラバンの様子

ドイツでのキャラバンの様子

第一三共株式会社