ページ内の移動用のリンクです

ESG評価機関とのコミュニケーション

当社は、「Dow Jones Sustainability Indices」や「FTSE4Good」「MSCI」「Sustainalytics」をはじめとするCSR/ESG評価、Access to Medicine (ATM)財団*などのNPO、国連グローバル・コンパクト、その他ステークホルダーとのコミュニケーションを通じ、社会課題と当社への要請事項の把握に努めています。

ATM財団とのダイアログ実施

2018年12月、ATM財団は ATM Index 2018の発表にあわせて、 ATM参加企業と投資家によるダイアログのイベントを国内で開催しました。
イベントは、USB証券との共同で開催され、ATM財団が発表する各種Indexにランキングされている製薬会社が参加し、投資家側としてATMに賛同する国内外の投資家や有識者が参加しました。ATM財団によるATM Index 2018結果の説明の後、製薬企業と投資家、有識者とのダイアログが開催され、当社は国内4社、海外2社の機関投資家、有識者と、加えてATM財団と、当社の医療アクセスに関する取り組み状況や課題について、ダイアログを実施しました。

  • *Access to Medicine 財団: オランダを拠点とするグローバルな非営利団体。研究機関を有するグローバルな大手医薬品企業20 社を対象に、途上国での医薬品へのアクセス改善に関する取り組みや貢献度評価を実施

第一三共株式会社