ページ内の移動用のリンクです

コンプライアンス経営の推進

コンプライアンス経営の推進

コンプライアンスが担保されていなければ、どんなに良い成果、実績が得られても、社会の中で企業活動を継続していくことはできません。第一三共グループでは、グローバルに事業を展開する製薬企業として、コンプライアンスを、私たちを取り巻く「多種多様なステークホルダーの信頼に応え続けていく」ことと捉え、法令及び業界ルールの遵守に留まらず、社内規範はもちろん、社会的良識、理念、社会貢献に配慮した高い倫理意識をもって活動することとしています。

コンプライアンス

基本的な考え方

第一三共グループは、コア・バリューの1つに「Integrity」を掲げ、コンプライアンスを意思決定や価値判断の基準とし、グローバルな企業活動において、法令及びルール等の遵守はもちろんのこと、生命関連企業としてふさわしい高い倫理観と社会的良識をもって行動するコンプライアンス経営を実践しています。
そのために、当社グループ共通の「第一三共グループ企業行動憲章」及び「第一三共グループ個人行動原則」を定めるとともに、これらの精神に基づいた具体的な社内規程として、当社及びグループ会社は、それぞれの地域における社会的要請に応じたコンプライアンス行動基準等を策定し、役員その他の社員に周知徹底しています。

内部統制体制とコンプライアンス

第一三共グループは、役員及び従業員が業務を遂行するにあたり、社会的規範、法令及び当社グループの行動規範・社内諸規程を遵守すること、並びにこれを担保する内部統制体制を構築することが、継続的な企業価値創造における重要課題と位置付け、コンプライアンス体制の整備等を内部統制体制構築の基本方針に定めています。

・役員及び従業員の行動規範として「第一三共グループ企業行動憲章」、「第一三共グループ個人行動原則」等を定めるとともに、社外専門家を含む会議体を設置し、コンプライアンス体制を整備しています。

・「グローバルマネジメント規程」に従いCEOの命を受けた主要な地域・法人・機能の責任者及び「組織管理規程」に従い社長の命を受けた部所長等が主管業務を掌理し、所属員の監督、管理及び指導を行なっています。

・人事管理、法務・コンプライアンス、リスクマネジメント等の体制整備に係るそれぞれの専門機能が、部所への方針伝達と管理、指導を行い、監査部は、法令、定款及び社内諸規程の遵守状況について、内部監査を実施しています。

コーポレートガバナンス報告書(222KB)

CSRハイライト

私たちのCSR課題への取り組み

第一三共株式会社